エロ漫画作品数NO.1!配信サイトはこちら
日に焼けるまで

【日に焼けるまで】第7話のあらすじ感想~「オレの赤ちゃん産んでよ!」火照った身体は河の水でも冷めなくて

チンジャオ娘の大人気作品「日に焼けるまで」

いとこ同士の愛実・涼音・ヒロト・タケル

昔は日に焼けるまで外で遊びまわった少年と少女が

今は思春期真っただ中

オトナが誰もいなくなった家で

4人はいったいどんな遊びをするのか・・・

 

河原で戯れる4人・・・そして

 

愛実「涼しくなってきたしちょっと休憩しよか」

水からあがり、濡れて乳首も丸見えのシャツを着たままの

涼音と愛実が岩場に横たわる・・・

半分川に浸かったままで行為を始める4人・・・

 

愛実「ヒロくんのオチ〇チン♥ 奥まで届いちゃってすごいよぉ・・」

 

タケル「すず姉!オレのは?オレのチ〇コは気持ちいい!?」

涼音「う・・うん・・いいよっ きもちっ・・い♥ タケくんの・・はぁ」

 

すっかり服従されられた涼音は素直だ。

 

 

タケル「じゃあ都会に帰るなよ!俺とずっとこっちで暮らそうよ!」

ヒロト「タケル・・・お前何を突然・・」

タケル「卒業したらオレと結婚しようぜ!すず姉のことホントに好きになっちゃったんだよ!」

 

そういって激しく打ち込まれるちん〇に悦声をあげる涼音。理性はとっくに失われている。

 

涼音「わかった・・いく・・・タケくんのお嫁さんに・・」

涼音「はぁっ イクっ イクからぁぁぁ」

 

今すぐ日に焼けるまでを読む

 

中出しされてイった姉の顔を見ながら・・・

 

ヒロト「姉ちゃん・・・俺も・・・イクっ」

姉を見るたびに興奮するヒロト

 

タケル「涼音!涼音!オレの子供たくさん産ませてやるからな!」

涼音「あっ ハぁっ タケくん・・・タケルぅ・・・んん」

 

 

その後も競うように姉たちの中に精子を注ぎ続ける弟たち・・・

膣内射精したら一旦抜いて口で大きくしてもらってからまた挿入。

そんなことを何度も何度も繰り返していた・・・

 

今すぐ日に焼けるまでを読む

姉ちゃんのマ〇コあんなに広がって・・

 

タケル「ほらほらヒロ兄見てよ。オレこんなに中出ししたぜ」

ヒロト「あはは・・・もう溢れかえってるじゃん・・・」

 

初めてまじまじと見る姉の女性器はもうすっかりタケルの所有物として変形してしまっていた。

 

タケル「涼音!もっと強く吸えよ! じゃないとチ〇コたたないだろ」

3つ年上の涼音に対してもう亭主にでもなったかのように命令する。

涼音もそれに抗わずまるで忠実な妻のように言いなりになっている・・・

 

タケル「ちゃんとしゃぶらないとまたここいじめちゃうぞ」

 

クリトリスをつねりあげるように指先で弄る・・・

傍目には痛々しいが涼音はどうやら悦んでいる様子。

クリトリスを弄られ身体をよじる涼音をみてまたヒロトのちん〇はビンビンに勃起する。

 

 

ヒロト「姉ちゃんのマ〇コ見ながらまな姉の口に・・・っ」

 

こうして4人の夏は終わりに近づいていく・・・

 

「日に焼けるまで」本編はこちら!

【日に焼けるまで】第7話感想

興味本位ではじまった4人の「遊び」は

その回数を追うごとにエスカレートし・・・

毎日どころか一日中セックスをしている状態!

しかも毎回中出しだ・・・子供ってほんと無謀

初めから匂わせていたけれど、ヒロトのモノはかなり大きいらしく・・・どれほどの巨根なのか見たいぞ。

ちん〇踏力官僚はやっぱり太くないと気持ちくないしね。

ここにきても、ヒロトは完全に姉に発情している。これまでも姉をおかずに抜いていたんだろうか・・

タケルのオレ様プレイはますますエスカレートしているが、言葉だけでなくプレイもなかなかのもの。中学生(推定)がどこでこんな技を身に着けたのか。

いよいよ次は最終回。

ヒロトは涼音を犯しちゃうのかな??

 

 

日に焼けるまでが読めるエロ漫画サイトはブッコミ!

 

「日に焼けるまで」が全話楽しめるおすすめのサイトは

ブッコミ!~BookLiveコミック

 

オススメする理由はこれだ!

 

★主要なコミック配信サイト【めちゃコミック・まんが王国・コミックシーモァ・・・】を抜いて、アダルト作品取り扱い数はトップ!

★BL作品・少年青年漫画の作品数は、コミックシーモアに次いで2位!

★ジャンル設定が細かくされているので絞り込み検索がしやすく目当ての作品を探すのがラクちん!

★月額コースのポイントボーナス付与が他サイトより多く、毎日来店ポイントもあるためポイントが貯まりやすい!

 

アダルト作品はもちろんですが、少女・女性マンガのラインアップも充実しています。

きっとお目当ての作品が見つかるでしょう!

 

無料立ち読みあり!登録はこちら

RELATED POST